BLOG

roberto collina レディース ボーダークルーネックニット入荷しました。

roberto collina レディース ボーダークルーネックニット入荷しました。

サイズ S  

寒い季節になるとアウターにニットと言うコーディネートが多くなりますね。

インナーに着て頂くだけでポイントにもなる素敵なニットのご紹介です。

こちらは、カジュアルなイメージのあるボーダーを黒×グレーという配色でとてもモードな印象に

仕上げています。又、ニットのふんわりとした風合いや驚く程軽い質感は老舗ニットブランドならではです。

サイズはSですがゆったりとしたシルエットなので程よい抜け感が演出でき、ボトムにさっと合わせて

頂くだけでとても雰囲気のある、今の空気感が出せるのも嬉しいですね。

1度着ると見た目のお洒落っぽさもさる事ながら、着心地の良さにリピーターさんが多いのも頷けます。

合わせるお洋服でドレススタイルからデニム等のカジュアルなスタイリングまでお楽しみ頂けます。

 

 

roberto collina

世界中の有名デザイナーやショップがごぞって発注する、イタリアの老舗ニットブランド。“常にハイレベルのニットウェアを生産する事”をブランドコンセプトに、1981年に創立しました。素材は最も良質として知られる紡績業者と絨工業者から仕入れており、製品は最高品質を誇っています。シンプルながらトレンドを巧みに取り入れたデザインは全てオリジナル。そのほとんどが自社工場で作られています。
豪華なヤーンとファブリックで作られたスタイル、ディテールにこだわったデザイン、そしてファッションのトレンドに即したコレクションはファッショ二スタに広く支持されています。
プラダをはじめとする高級ブランドのニットも手掛け、また高級セレクトショップなどの別注アイテムの展開も行っています。

 

 

C.P.COMPANY メンズ メルトンロングピーコート入荷しました。

C.P.COMPANY メンズ メルトンロングピーコート入荷しました。

サイズ 50

冬のアウターは上質でベーシックな物を、長く着たいと言う方が多いですね。

そんな時におすすめのコートのご紹介です。

こちらのデザインベースはピーコートです。 ピーコートと言うとお作りによっては学生さんぽくなってしまったり

カジュアルになり過ぎてしまったりとなかなか難しかったりしますがこちらは、C.P.COMPANYらしくスッキリと

した印象に仕上がっています。

メルトンの張りがありつつも、決して重たくない素材はアウターを選ぶ際にとても大切なポイントです。

又、ステッチがシックなグレーであったり、ポケットのフラップが長めになっていたり、

表面がフラットなメタル釦を使うなど一つ一つのこだわりのディテールが重なる事でピーコートという

トラディッショナルなアイテムがとても洗練されたモード感のあるアイテムに仕上がっている所はさすがです。

デザインがベーシックなので、ビジネススタイルから休日のカジュアルなスタイリングまで

こなせるアウターは、着ていても気分上がるおすすめの1枚です。

 

 

C.P.COMPANY

ブランドの始まりは、国際的に知られる革新的なデザイナー、マッシモ・オスティがブランド「Chester Perry」を立ち上げた1971年にさかのぼります。
このブランドが、1978年に「C.P. Company」へと改名されることとなりました。
 
  C.P. Companyは、機能性を重視した定番のメンズウェアに、革新的なスタイルを精巧に組み入れて再表現したことからすぐに多くの支持を得るようになりました。45年以上にわたり、ミリタリースタイルや通勤スタイル、スポーツウェアなどのスタイルを融合させたウェアを先駆的に作り出すとともに、徹底的な研究に基づいた最先端の革新的な生地をイタリアのファッション界にもたらしています。
身に着けた瞬間から体に馴染むような着心地を追求するとともに、伝統、革新、そして性能を組み合わせた独特なディテールが施されたウェアを作り出しています。
 
 
 

TOMORROWLAND collection レディース ブークレーノーカラーコート入荷しました。

TOMORROWLAND collection レディース ブークレーノーカラーコート入荷しました。

サイズ  フリー

これからの寒い季節はついお出掛けするのが面倒になりがちですが、

そんな時こそお気に入りのアウターを着てお出掛けを楽しみたいですね。

こちらは、全体的に程良いゆとりのあるシルエットで、お袖もドロップショルダーとなっています。

カシミア混なので、とても軽く着て頂くのも楽ですが厚手のニットも無理なくインナーに合わせられるのも嬉しいですね。

又、襟元もノーカラーなのでタートルネックだけでなく、オフタートルの様にネック周りにゆとりのある

デザインだったり、ローゲージなどの厚手のニットなどもすっきりコーディネートして頂けます。

素材もブークレーと言われる輪っか状の糸を合わせて編み込んだ生地で、布面から顔を出すループ糸が、

独特の立体感とやわらかな雰囲気を演出しています。

素材に雰囲気がありつつも、デザインはシンプルなのでこれからの季節はおよばれの際はワンピースなどの

女性らしいスタイリングできれい目に、普段はデニム等のカジュアルなスタイリングにと

その日の気分やご予定によって幅広いイメージで着て頂けます。

 

 

CANADA GOOSE メンズ CHATEAU PARKA ダウン入荷しました。

CANADA GOOSE メンズ CHATEAU PARKA ダウン入荷しました。

サイズ L  (未使用品・タグ付)

寒い季節には温かいアウターで、外へのお出掛けも楽しく過ごしたいですね。

本日はカナダ発で人気のダウンブランド CANADA GOOSE のご紹介です。

こちらは、”JASPER”の前身にあたる名作 CHATEAU PARKA。

”JASPER”と同じく丈がやや長めのデザインで、FUSION FIT(アジア全般に向けた規格)となっています。

このFUSION FITはアジア諸国全般に向けた別名”アジアンフィット”と呼ばれるサイズ感になっており、

ややゆったりとしたサイズ感は、ビジネスルックにも合わせやすく、長く愛用いただけるアイテムとなっています。

フロントボタンはパラシュートボタンを使いミリタリーな匂いを感じさせ、大きなボタンは機能面からも

手袋をつけたままで着脱可能です。

又、袖口はリブで風を遮断し保温性を高めます。ポケットにはフリースを内蔵しハンドフォーマーとしての役割も果たします。

限りなくシンプルなデザインにすることで、デイリー使いはもちろんビジネスシーンにも活用頂けるデザインとなっています。

フードのコヨーテファーはジッパーで簡単に取り外しが可能となっています。

 

 

CANADA GOOSE
1957年、カナダ、トロントにて創業。
創業当初から50年近くもの間、カナダ北部やシベリア、アラスカといった極寒地で生活する人々や南極探検隊、エヴェレスト登山隊などのプロフェッショナル達にも製品を提供し続け、彼らのフィールドでの実体験から基づくデータを製品にフィードバックしてきました。コストダウンを迫られアジアなど生産地を移す北米、ヨーロッパのアウトドアブランドが多い中、厳密なプロダクトコントロールと常に革新を続ける確かな技術力で「MADE IN CANADA」にこだわり生産し続けるその品質の高さと確かな物作りで世界中のプロフェッショナルから愛されています。

 

 

 

 

 

 

Traditional Weatherwear レディース ツィードキルティングフーデッドコート入荷しました。

Traditional Weatherwear レディース ツィードキルティングフーデッドコート入荷しました。

サイズ 34

今週に入り日に日に空気が冷たくなり本格的にアウターをお探しの方も多くなってきましたね。

そんな方々におすすめのアウターのご紹介です。

こちらはイギリスのブランド Traditional Weatherwear です。

ゴム引きコートで有名な MACKINTOSH 社が手掛けるブランドです。

一見ベーシックなキルティングのコートですが、こちらはよく見掛けるナイロンのタイプとは違い

ツィード素材で仕立てられているのも大きな特徴です。 その為キルティングというカジュアルなイメージを持たれやすい

素材がツィードを使う事によりグッとシックにそして新鮮になります。

見た目の素敵さもさる事ながらキルティングで軽く、暖かいツィードでさらにその保温性も高まります。

デザインもフード付きなので、後ろから見た時のバランスも良いですね。(フードは取り外し可能です。)

着丈もミディ丈となっている為、ボトムに長い丈のスカートやワンピースでのコーディネートや

ワイドパンツなどバランスの重たくなり易いアイテムとの相性も良いです。

又、小柄な方や肩がこってしまうので、重たいアウターが苦手なんて言う方にもおすすです。

綺麗目なスタイリングからデニム等のカジュアルなスタイリングまで幅広いイメージのスタイリングを

お楽しみ頂けます。

 

 

Traditional Weatherwear

MACKINTOSH(マッキントッシュ)社の前身であり、長年ゴム引きコート、キルティングジャケット、トレンチコートなど、英国の伝統的なウェアを作り続け全英中に展開。マッキントッシュ社がプロデュースする新ブランドとして、これまでのヒストリーやアーカイブからリデザインしたものを英国的、伝統的なデザイン要素はそのままに、時代性のあるベーシックでカジュアルなアウターウェアを提案しています。
 

TOMORROWLAND メンズ グレンチェックオーバーペン2釦ジャケット入荷しました。

TOMORROWLAND メンズ グレンチェックオーバーペン2釦ジャケット入荷しました。

サイズ 46

最近は様々なシーンでジャケットのスタイリングをお楽しみの方が多くなってきましたね。

今日はそんな方にも、ジャケットスタイルを初めて挑戦してみようかな…なんて言う方にも

おすすめのジャケットのご紹介です。

こちらはチェック柄なのですが、線の細いグレンチェックなので全体の印象がスッキリとしています。

その為、今迄柄物のジャケットを着た事が無い。と言う方でも抵抗感なく取り入れて頂けます。

グレンチェックと言えば、黒×白、黒×グレー、紺×グレー等の寒色系の配色は良く見かけますが

茶×ベージュの暖色系の配色は意外と少なく、柄はベーシック系チェックでも配色が違う事で新鮮な印象となります。

スタイリングもドレス系なかウールパンツにタイドアップも良いですし、お休みの日にはあえて

デニムにニット等のカジュアルなスタイリングと幅広いテイストのスタイリングをお楽しみ頂けます。

ON・OFF 兼用出来るのは嬉しいですね。

 

 

 

 

GALERIE VIE レディース ギャバベルトレストレンチコート入荷しました。

GALERIE VIE レディース ギャバベルトレストレンチコート入荷しました。

サイズ F

いよいよ空気も冷たく感じる季節になってきましたね。

コートをお探しの方も多いと思いますが、今の季節におすすめの素敵なコートのご紹介です。

こちらは、コートと言えばと言う程定番となっているトレンチコートなのですが、

ベースがトレンチでありながらも、ベルトレスになっている事で、良く見かけるトレンチとは一味違った

表情が持ち味となっています。

袖がラグランで袖幅も少し広めになっているのでベルスリーブの様に広がったデザインのお洋服や

ニット等を着る際もかなり厚手のタイプを着て頂く事ができます。

後ろ身頃のセンターには高めの位置からボックスが入っている事で目線が上がりすっきりとしたバランスとなります。

又、袖口がダブルであったり、ポケットがパッチポケットだったりとディテールの一つ一つが拘りのアイテムです。

綺麗目なスタイルからカジュアルなスタイリングまで幅広いイメージのコーディネートをお楽しみ頂けます。

綿にシルクがブレンドされる事でほのかに上品な光沢があるのも素敵ですね。

 

 

 

 

 

ITALIA INDEPENDENT メンズ ウールコーティング千鳥トレンチコート入荷しました。

ITALIA INDEPENDENT メンズ ウールコーティング千鳥トレンチコート入荷しました。

サイズ 48

11月に入りそろそろコートをお探しの方も多いと思いますが、本日は既にベーシックは持っているので

ちょっと違ったタイプはないかな… なんていう方や人とは被りたくない!なんて言う方にもすすめのコートです。

こちらは、知る人ぞ知るというイタリアブランド ITALIA INDEPENDENT です。

イタリアを代表する自動車メーカーFIATの元名誉会長ジャンニ・アニェッリの孫で、

ファッショニスタとしても有名なラポ・エルカーンが、アンドレア・テッシトーレ(国際弁護士)、

ジョバンニ・アッコンジャジョーコ(アルファロメオのマーケティングディレクター)と共に創立されたライフスタイルブランド。

良い意味で一筋縄では行かない拘りの詰まったアイテムが、お洋服好きの方々にも支持されています。

こちらは、デザインは定番のトレンチコートですが良く見かける綿ギャバ素材と違い

千鳥格子柄のウール素材でコーティングされており、程よい遊び心が備わっている所は、ファッショニスタの

ラポ・エルカーンが手掛けるブランドならではです。

この程よい遊び心がある事で、中に合わせるお洋服はドレスならジャケットにパンツスタイルもよいですが、

デニムにニット等のカジュアルなスタイリングも素敵です。

ベーシックなコーディネートに羽織って頂くだけでこなれたスタイリングに仕上がる所も嬉しいですし、

着ていると気分が上がるお洋服です。  お洋服にはそういった要素って意外と大事ですね。

SOLD OUT

 

 

ITALIA INDEPENDENT

イタリアを代表する自動車メーカーFIAT(フィアット)の元名誉会長ジャンニ・アニェッリの孫で、ファッショニスタとしても有名なラポ・エルカーンが、アンドレア・テッシトーレ(国際弁護士)、ジョバンニ・アッコンジャジョーコ(アルファロメオのマーケティングディレクター)と共に創立されたライフスタイルブランド。 2007年1月にフィレンツェで開催されたピッティウォモでブランド創立が発表され注目を集めました。 実業家であると共にファッショニスタでもあるラポ・エルカーンが手がける「ITALIA INDEPENDENT(イタリア インディペンデント)」は、ラポ・エルカーンの世界観を全面に押し出したユニークでスタイリッシュなアイテムを展開しています。 ブランドコンセプトに「TRADINNOVATION(伝統と革新の融合)」を掲げ、Made in Italy 2.0としてイタリアでの企画に拘ったアイテムを世に送り出しています。   

REMI RELIEF レディース デニムウェスタンシャツ入荷しました。

REMI RELIEF レディース デニムウェスタンシャツ入荷しました。

サイズ  M

今の季節にぴったりのシャツのご紹介です。

こちらは REMI RELIEF の代表的なアイテム、デニムウェスタンシャツです。

毎シーズン、即完売するほどの人気ぶりのこちらのシャツはこのブランドの得意とする

絶妙なダメージ加工が施されており、リアルヴィンテージとほぼ変わらない程の自然な色落ち具合です。

その為、度 REMI RELIEF のシャツを着ると又、色の違うタイプを買い求める方も多いアイテムです。

見た目の良さはもちろんですが肌触りもとても柔らかく、デニム特有の硬さがないので今迄デニムは履いても

トップスは着た事が無かったという方にもお勧めです。

デニムというカジュアルな素材でありながらも、シルエットがすっきりとしているので

カジュアルなスタイリングも良いのですが、ジャケット等の綺麗目アイテムのインナーに合わせて

頂くのもおすすです。 又、今の季節はTシャツの上に軽く羽織って羽織りとして着て頂くのも良いですね。

 

 

 

REMI RELIEF

古き良き時代のアメリカを表現したいという思いから、2008年スタートした REMI RELIEF。

『REMI RELIEF』とは『REMIX=ミキシングし直す』という工夫と、『RELIEF=取り除く』という作業を意味しています。

一つ一つの工程に工夫を付け加えながら余分なものは取り除く。結果『いいもの』が生まれるというMEISTERの思想が由来。


アメカジをベースに、復刻的アメカジではなく、ヨーロッパからみたアメリカを視点にアメカジを再構築。『拘る』ことをコンセプトにオリジナルで作った素材、

ひとつひとつ手作業で加える職人の確かな加工技術で、古き良き時代のアメリカを表現します。

 

 

CANADA GOOSE メンズ FREESTYLE CREW VEST 入荷しました。

CANADA GOOSE メンズ  FREESTYLE CREW VEST入荷しました。

サイズ XS

11月に入り秋らしい季節になってきましたね。  この季節は朝晩の寒暖差があったり

日によっての温度差があったりするので温度調節のしやすいアイテムがあると助かります。

そんな時におすすめのアイテムがダウンベストです。

こちらはもう説明不要というくらい、ダウンメーカーでは人気のブランド

CANADA GOOSE です。

こちらはカナダグースのベストの中で最も定番のフリースタイルベスト。

世界で活躍する冒険家や登山家も愛用しているモデルです。ボリューム感が抑えられたすっきりとしたシルエットで

飽きのこないシンプルなデザイン。長く愛用できる逸品です。

ごくごくシンプルなダウンベストに仕上がっている理由は飾りを極力抑えたポケットや、すっきりとした肩周りのカッティングゆえ。

ダウンの量もベストに抑えられており、キルティングも少なめに抑えてあることでストンとしたシルエットを実現しています。

その為、バランス良く着て頂けるのもポイントです。今の季節はTシャツやシャツの上にはおったり、

少し寒くなって来たらGジャンやジャケットの上に重ねて着て頂くのもおすすめです。

スタイリングの新鮮さがあるうえに、袖が無い分しっかりしたアウターには早いけど

羽織る何かは必要という今の季節にもピッタリのアイテムです。

 

 

CANADA GOOSE

1957年にカナダ北東部の都市、トロントで創業した『カナダグース』は、常に質実剛健な作りと独創的なデザイン、そして革新的な技術力“メイド・イン・カナダ”にこだわり生産するブランド。

約60年つづく「made in Canada」の高度で精密な裁断・縫製技術は何十年もの経験によって磨かれてきました。カナダグースのすべてのジャケットは、13の製造工程と職人による手仕事によって生み出されます。そこには決して妥協を許さないクラフトマンシップへのこだわりが込められています。

ブランドの創業当初からカナダ北部やシベリア、アラスカといった極寒地で生活する人々のほか、南極探検隊、エベレスト登山隊などのプロフェッショナルたちに製品を提供し続けることで、彼らのフィールドでの実体験を製品にフィードバックを繰り返しており、常により良い製品を作り続けています。